2017年11月9日木曜日

茨城県バスマニア初心者の旅

世間的には平日ではありますが、会社の仕事のローテーションでお休みの為、ちょっとドライブへ。
先ずは我が愛車ビートで千葉方面へ。

ということで、久しぶりにBAYFMのアンナさんの声を聴きながら南下!

やってきました!
千葉内陸バス営業所!

千葉という事で、やはり京成グループの企業らしい。

で、買っちゃいました!
引退記念乗車券。
そしていろいろな付録。
付箋紙やメモマグネット。

なかなかバスの世界も奥が深い。
シャーシメーカーと車体を作っている架装メーカーの組み合わせでいろいろなバリエーションがあるのか!

そういえば~
北関東は都心部から近くて、しかもいろいろな中古車両が走っているという事で、日頃から多くのマニアが写真を撮りに来ている。
鉄道のように、ひとくくりにバスマニアといっても様々な種類があるらしいのですが、私にはよくわからないので、初心者目線から地元茨城で面白いなあと思ったバスの走っているところを巡る旅を紹介したいと思います。

初めにやはり水戸駅。
ここは北口です。
御覧のように右左折専用が1車線ずつ、そして直進が2車線ですが、このように基本的には直進は1車線だけしか利用していません。信号直進してすぐに歩道側車線が高速バスの停留所になっているために合流せざるを得なかったり、停車車両が多かったりするから、JR東日本&関東鉄道&茨城交通のバスルールによって安全の為に一列に並んでいます。

朝晩のラッシュ時にはさまざまな種類のバスが、信号の変わり目と共にディーゼルエンジンのけたたましい音と黒煙を上げながら銀杏坂を駆けあがっていく様子が見られます。
そうです、基本的に水戸駅北口は傾斜地になっていて、バスターミナルへの出入りは下りと登りとなります。なので、馬力も車体の大きさも違うバス、もちろん性能もですが、それが群れをなして出入りする様は迫力があります!



同じ種類のほうが少ないんじゃないかと思われる茨城交通のバス。
こんなバスたちが水戸の市内を駆けまわっています。
水戸駅出入りもそうですが、市街地もまたおつですヨ!
駐車禁止のはずですが、商店街の品物搬入や搬出は基本的にはお勝手口が無いからお店の正面からで、沢山の車両があちこちに停まっています。これは警察自体も黙認のようで、駐在所すぐ横でも、交差点の中に停まっていても摘発されたのを見たことがありません。パトカーも素通りしていますしね。(たぶん地元ルール?)
そのような状態の中で、このバスたちは一般の車両と協調して右左折をしながら進んでいきます。
傍目で見ていると、言葉は無くとも運転している者同士の意思疎通はすごいなあと思う。




そして、もう一つのポイントは水戸の城下町で城東地区。
横綱常陸山生誕の地であり、横山大観生誕の地でもある。
近代史の中では内紛などによって活躍できなかった徳川御三家の水戸藩。
しかし、いろいろな分野で活躍している偉人たちを輩出しているところからも、この地方の教育レベルは高かったのだろうなあと思わせる。




そんな古い街並みの中。狭いところをバスが通っていく。
こうやって画像で見ると、どうやって対向車とすれ違うんだ?と思うようなところを、バス同士のすれ違いもおこなったりする。運がよければそういうところに出くわすこともあるでしょう。


新旧のバスが入り混じって、しかもこのような古い城下町や混雑する市街地などを駆け抜けていく。それが茨城のバスです。撮っても乗っても面白いっすよ~。

建機フェスタに行ってきました!

ちょっと前の話題になります。
ブログのアップが遅れちゃいました。(´艸`*)

茨城県の笠原運動公園で開催された建機フェスタに行ってきました~♪

当日はあいにくの雨でしたが、建設機械はそんな雨などに負けはしません!
いろいろな機械で操作や乗車の体験が行われています。
もちろん免許のない一般の方が直接操作することは出来ないので、見ていただければわかりますが、あたかも自分で操作したような目線で建設機械が体験できます。
その性格上でか、小さな子供が対象のようですね。。。








いろいろな粗品も配っていて、私もちゃっかりと頂いちゃいました!

そっこうで組み立てちゃいましたよ!!! ネクスコのペーパークラフト!


他にもいろいろな展示コーナーや体験コーナーが充実!
国土交通省関連のイベントらしいが、色々楽しめて子供だったら本当に楽しいですよね!
しかも基本的にいくら遊んでもタダだし!!








ということで、雨続きの週末でしたが外遊びは楽しいですよ!!!



2017年10月29日日曜日

第1回茨城交通バスまつりに行ってきました!

10月28日は水戸市の茨城大学前にある茨城交通の車庫で行われたバスまつりに行ってきました。


バスまつりでは何をやるかというと、
1-バスに落書きをする
2-バスと綱引き
3-乗り方教室
4-洗車体験
このような子供向けの行事らしいです。

ロープのついたバス。これを引っ張るわけなんですね。

こちらは車いす対応の観光バス。
床下の貨物スペースを1つ使ってリフトを付けたんですね。
バスって車体の一番後ろにエンジンがあるから、貨物トラックのように後ろからリフトで乗り込むという事は出来ない。工夫をすればできそうな気がするけど、そういうものらしい。

批判をされることを覚悟の上に思うところを書こうと思います。
車椅子を使用している方が一般の人と移動をしたいという意見は、希望があればそのような選択が出来る状況を作らねばならないと思いますが、現状ではこの装置で車椅子利用者がバスに乗り込むのは周囲にかなり迷惑をかける状況になる。
例えば、東京駅の高速バスのバス停は30分間隔ぐらいで発着している。
その少ない時間の中でワンマン運行の高速バス運転手はこの作業に5分程度はそのために時間を割かなければならない。
現状での運行形態がハンディキャップを持った人たちに対応できるように設計されているとは思えないから問題があるのだ。

電車やLCC航空機のように改札やチェックインカウンターがあるわけではないバスにとっては、短時間で発着が繰り返される最近のターミナルでのハンディキャップを持った人たちや荷物量が非常に多い外国人観光客など、普通ではないお客さんへの対応が増えると、途端に破綻してしまう危険がある。

本来ならば、このような大規模なターミナルにはお客さんをさばく受付係が必要なのですけど、コスト競争が激しく、沢山のバス会社がそれぞれのルールで運行を行っている現状では、  安全性という法律で決められたルール以外はうやむやなままてきと~~な運用で現在に至っている。

以前に私が意見をした自転車の輪行関連の規則もそれにあたる。
路線バスルールのまま、今の高速バスでも古いルールを改定せずに適応していて、なおかつ本来なら運賃をとるべき大型手荷物(旅行用スーツケース)などをうやむやにして無料で積載している。しかも分解や折り畳みが出来て大型手荷物程度の体積に梱包できる自転車を、昭和の路線バスルールで言うところの、 ママチャリを路線バスに持ち込んではいけませんという自転車持ち込み禁止のルールは頑なに変えないから持ち込み禁止の項目に未だに自転車が残っている。
と、いろいろ問題はあっても、それを解決するにはどこかの有力な一社が行うだけでは結局うまくいかないでしょうから、大意を持った大手グループ会社が傘下の会社で一斉にルール改訂を行い、ほかのグループ会社も巻き込んでいく他にない。いわば自主的に法律決める位のやり方を行わなくてはいけないのだ。


こちらも新しいバスです。
最近新しいバスの導入が増えている。

シートは電車で言うところの特急クラス以上、新幹線クラスとしては幅が狭い印象。
親子や友達と座るならいいですが、知らない何処かの人と隣同士ではこの幅はきついかな~、特に女子は。(*´Д`)
最近話題のスメルハラスメントとか、長時間乗車時には飲食をしたりもするし、お酒やファストフードの臭いを隣で発せられ続けると嫌ですよね。観光バスならいいけど、長距離高速バスなら左右非対称の1+2座席がいいですよね。そういう高速バスは東京~名古屋~大阪間には実際に多いですし。このような4列シートは東京~大阪路線では比較的安い普通クラスですよね、いくら座席を良くしようとも。


一通り新型バスの見学をして会場を後にしました。
このバスまつりの内容的には、以前にひたちなか市か何処かで行った産業祭に参加した時にやったのと同じではないのかな? 産業祭には行っていないですねど。。。
日立建機とか産業用の「はたらく車」を作っている会社も茨城にはありますから、そういった会社で行っているお祭りも何か所かでやっています。そういったところを巡るのも面白いですね~参加費タダだし!

そして、茨大周辺には面白い飲食店が多いのでぶらついて、本日は八角というラーメン屋さんでローストビーフジャンクまぜそばを食す。
小麦粉流したらお好み焼き出来そうな感じのラーメンですね。
こういうのもあるんだな~

てことで、まったりと休日を過ごしました!


2017年10月28日土曜日

ホンダ ビートのマフラーを交換しました!

我が愛車ビート、車検は通りましたが問題点がありました。
マフラーに穴が開いてました。。。
なんか最近以前にも増していい音すんな~!!って思っていたんですよね。(*´Д`)
とりあえず車検は穴をふさいで合格としましたが、そんな応急処置で長くもつはずもなく、交換することになりました。

という事で、ビートの得意そうなショップにマフラー交換に行きます。
残念ながらすぐ近くの水戸のショップではありません。そちらでは私のビートのメンテナンスを断られていますので。。。


ショップはちょっと遠いので、高速道路で移動します。
スマフォナビで北関東自動車道を移動!
スマフォって便利ですね~

同じく車に接続したスマフォからは軽快な音楽が!
画像がブレていますが、停車の瞬間に撮影したので、しゃ~ない。

ラジオだって、radikoアプリ経由で安定した音声で楽しめます。
何でもできちゃうんですよね~スマフォって。

で、ドライブがてら軽井沢に到着。
ここにショップがあるわけではありませんが、ちょっと観光~♪






すごいですね~軽井沢は!
天気が悪くとも観光客でにぎわっています。
私はぶらっと軽井沢駅で駅そばを食べただけ。(*^-^*)

そして、嬬恋村の歴史館で歴史を学ぶ。
ちょうど草軽電気鉄道の展示を行っていて、記念のきっぷを売っていました。とりあえず購入。
そして、嬬恋村のキャベツに関する勉強会も行われていました。
私も資料を頂き一応参加をしましたが、内容的に資料を読み上げているだけのようだったので、途中で退散。まあ、情報を共有することが狙いだったのでしょうね。
勉強会はお年寄りばかりで、若者は見当たりませんでした。キャベツ生産の有名な産地でも高齢化が進んでいるのかな? まあ、資料を見ても突っ込みどころは沢山あるので、将来的にどうしていこうかという部分までは行わない、現状把握といったものだ。


何処の産地でも同様の問題が起こっているけど、政府の指導で大規模農業を模索してみても、結局投資分の売り上げが見込めないので何処も手をこまねいてしまう。
太陽発電のように売値が計算できればもっとやろうと手を挙げる企業も多いのですが、現状では無理かな?(*´Д`)

で、観光&ドライブ後にショップに移動しマフラー交換。
埼玉の小川町にあるボディーショップ カミムラさんで中古格安の無限マフラーを装着していただきました!
たまたま中古であったんですよね~! ラッキー!!!
帰りの高速では100km/h走行がとっても快適。ビートではエンジンを5500回転まで回さなくては100km/hでないので、静かなマフラーって最高ですね!


今後もカミムラさんにはいろいろとビートのメンテナンスには相談に乗っていただこうと思います。




2017年10月14日土曜日

茨城県お勧めサイクリングルート!

私のビートが車検という事で、車屋さんにビートを預けて帰りは自転車で移動です。
そこで、ついでのサイクリング!
ご近所をぶらぶらと走りまわっちゃいます!

そして、茨城県といえば筑波山や霞ケ浦などに自転車道を整備していて、りんりんロードという名前が付けられていますが、それ以外でも面白いぞという事でこれもついでに紹介します。

 スタート地点はJR石岡駅。
東京方面からは常磐線の普通電車の水戸駅行きや勝田駅行きに乗り途中下車します。特急なら1時間程度で到着します。 上野から石岡まで1500円、特急で2500円位です。

駅前には茨城県の忠犬ハチ公とも言うべきタローの記念碑がある。





ここをスタートし、古い街並みの石岡市内を通り抜ける。
古い街の端っこに常陸国総社宮があります。
ここは府中藩の藩医として漫画家の手塚治虫先生のご先祖様が仕えていた関係で、キャラをあしらったものが置いてある。

昔ヤマトタケルが腰かけたという伝説がある石の前には火の鳥の立て看板が。

絵馬やお守りも売っています!

そういえば私も買って持っています~( *´艸`)

お参りをして、神社を田んぼの方に降りていきます。
そして国道6号線を渡って霞ケ浦方面へ。
最近は蕎麦も植えているんですねえ。減反だから。。。

田んぼの中を走り抜ける~

そして石岡駅のお隣、高浜駅に到着。
この辺は昔からの釣りの名所らしいです。

春先にもなりますと、1mもない釣り竿の穂先だけを水路にたらして、タナゴなどを釣っている人で賑わいます。ツアーで来る人もたくさんいますね。



ここからは霞ケ浦沿いを走ります。

そして、しばらく走ったら羽生地区から茨城空港への道を入っていきます。
 茨城空港のすぐ近く、与沢地区には全国的に珍しい河童を祭った神社があります。
この神社から空港へ行く途中に舵無川という小さな川を越えるのですが、この川の名前の由縁が先ほどの手塚治虫先生のご先祖様所縁の神社にあったヤマトタケル伝説と一緒で、ヤマトタケルがこの川を渡ろうと船で越えている時に舵が折れてなくなってしまったという事から舵無川というとの事。今では船を使うほどの川幅なんてないんですけどね。。。(#^^#)
 そして、ようやく河童の話になりますが、この河童はこの川に住んでいてある時に地主さんが乗った馬にいたずらをしたそうな。その時に地主さんが馬のしっぽを掴んでいたその河童の腕を刀で切り落とした。河童は怖くて一目散に逃げたのだが、後日、河童は腕を返してもらおうと地主の家を訪れた。そんな切り落とした腕をどうするのかと河童に尋ねたら、秘薬を塗ってくっつけると!
地主さんはその秘薬の作り方を教えてもらう代わりに腕を返したらしい。
その地主さんが、新選組で有名な芹沢鴨のご先祖様で、この神社からちょっと離れた川の下流に家があります。(芹沢鴨の生家は、NHKでドラマ放送があった際に解説の立て看板が整備されたのですが、家には入れません。)
そして、地主さんの芹沢家が、ある時河童が亡くなった際に作ったのがこの神社という事です。

寄り道しながらようやく茨城空港。
ホームセンターのような小さな空港の脇にはジェット戦闘機が置いてあります。
通称ファントム。この古い飛行機は、この空港の反対側にある百里基地で運用されている純粋なジェット機で、現在のターボジェットファンエンジンとは違い、とても音がうるさいです。( ;´Д`)
全国的にも実際に運用されている戦闘機を見られるのは、ここ百里基地が最後で、この戦闘機も現在導入が開始されているF35が運用され始めると、三沢の方からF35にとって代わられたF2がここ百里基地に移動になり、ファントムの代わりに運用されF4ファントムⅡは退役となる事が決定した。長い間見てきたファントムもあと数年の命ですね。
航空ファンの方は悔いのないように是非カメラにこの飛行機が飛ぶ姿を収めてくださいね~


空港のすぐ近くにある空の駅そらら。
ちょっとおやつ休憩。




軽く小腹を満たしたら、また移動を開始!

空港をぐるりと回り、百里基地正面玄関へ。
ここから中に飛行機が見える。
ファントムよりさらに古いジェット機。
あの展示物は、正門入口で身分証明書を見せて入門許可書を記入すれば近くで見学できます。

そして、正面入り口からぐるりと回って裏門へ。
そこからひたすら畑の中をひた走る。
ゴボウ、長ネギ、人参いろいろありますな~。
そして今はちょうどサツマイモの収穫時。
畑には機械で取りこぼした芋が結構落ちている。あれも料理すれば立派なサツマイモの味はする。(*^-^*)

そして、結構お客さんが沢山いる施設に到着。
こんな田舎でもお客さんが来るところもあるんですね~


ここではいろいろなサツマイモ関連の品物が購入できます!

いつの間にかマスコットキャラクターが。。。( *´艸`)

そして、行方ファーマーズレッジのある高台を下ると北浦。結構大きな湖です。
その橋を渡って対岸へ。

そしてまたちょっとした高台を上ると線路がある。
鹿島臨海鉄道の日本一長い駅名の長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅。

いうのめんどくせ~!

駅には何もないのですが、ちょっと離れたところに公園があります。
公園の展望台からは太平洋が一望できる。
水平線には鹿島の工業地帯やサッカーの鹿島スタジアムが見える。
あそこまでまた自転車で走って行って、鹿島神宮駅から東京へ輪行で戻る事が出来ます。
また、輪行であれば先ほどの鹿島臨海鉄道の駅から水戸駅経由で輪行するのがお勧め。何故なら乗り換えが少ないから。鹿島の人達は列車の便が悪いので、京成の高速バスで東京に行きます。列車を使うより乗り換えが無くてしかも早く安く着くから。でも残念ながら輪行は出来ないんですよね。。。
山や渓谷は無く、ひたすら平地を走ってきた本日のツーリング。

ちょっと霞ケ浦を通りましたが、なんでこんなに田んぼや畑、山林ばかりなんだっていう位の田舎道。しかもアップダウンがそんなにない平坦路。

これが茨城です!