2018年6月18日月曜日

2nd 日光ウルトラマラソンに参加してきました!

え~、週末に栃木県日光市で行われたウルトラマラソンに参加をしてきました。
そして、結果を先に言えば、リタイヤをしました。
それもかなり早い段階で。。。

今回この大会に参加を決めた理由が、当日の受付があり、会社を1日多く休まなくてもよいからです。しかし、結果からすると休んでおけばよかったなあと後悔してます。
土曜日に仕事が終わったのが夜の10時、そこから高速道路を利用して、最速で日光に向かったのですが、到着は日曜日の午前1時前。選手受付が2時30分からなので幾分の時間はあるが、もし仮眠をしてしまうと寝過ごす可能性が大きい。。。
何故なら、今の仕事は常に睡眠時間不足状態で睡眠負債が大きいからです。それは、シフトで毎日勤務時間が変わるのですが、平均すると朝5~6時に家を出て、夜の10~11時に帰宅する。という事は、在宅時間は6~7時間となり、そこから最大睡眠をとっても5~6時間となるからだ。日本の法令上は退勤から出勤の間隔は8時間以上と決められているので、違法な企業ではない。まあ、この業種の細かい説明は次回することにしましょう。何故長年問題を抱えているのが判っていながら改善できないか?また、する方法は無いのかを書こうと思います。
 という事で、諸々の事情を抱えつつ、眠い目をこすりながら受付終了。

この大会に参加するにあたり、練習量を考えると、多分感想は無理っぽいなあとは思いながらも、とりあえずは出来るところまで走ってやろうと思ていました。どこまで行けるかなあ?

朝の4時30分。
いよいよスタート!

日光霧降アイスアリーナを出発し、日光輪王寺。
既に嫌な予感しかしない。妙に心拍数が高い。心拍計は着けていないけど感覚で解る。
だからなのか、気温は低いのに汗も多くかいている気がする。

二荒山神社の手前で折り返し。そしていろは坂へ。

いろはの上り口。
ロイヤルブレッドは売り切れ寸前。。。。そりゃそうだ、最後尾に近いんだもの。

で、ここから頑張って登りましたがいろはを登ったところのチェックポイントで棄権しました。。。。

収容バスに乗り、スタート地点に戻り、お昼近くまで3時間ちょっと車で眠ったらあの苦しさがすっかり無くなった。。。普段からの睡眠負債などが重なっているから、今日だけ睡眠を減らして頑張るといった事が出来なくなっているんですね。(*´Д`)
以前別のウルトラマラソンやフルマラソンに参加した後のような足腰の疲労がほとんどない。最近運動不足で走力が落ちているのに、それ以上に体力を使い切れていない感じだ。

来年もう一度この大会を走り、リベンジしたいと思います!


 で、私のマラソンは終わった。
日光を後にして宇都宮へ移動。
とりあえずは腹ごしらえ。香蘭さんで餃子!

旨いっす!
これ、今は変わってしまった餃子のみんみんの昔の餃子に似ている。
私の好きな餃子系統です!
みんみんではお店の説明で変わらないって書いているけど、全然別物ですから。(+_+) はっきり言って詐欺ですね。しかも良い方向に変わっていないし。お店の伝統とうんちくを書けばお客は来ると思っている。。。。
とにかくみんみんの代わりに通うべきお店があってよかった!

そして、来たついでに来らっせへ。
昔は二荒山神社の傍にあったんですが、今はドン・キホーテの地下にあります。
以前は替わりばんこに餃子のお店がここで出張営業していたんだけど、今はやっていないのかな?

ここで何店舗かの餃子を味わえます。
さっきの香蘭さんも入居していますね!
しかも、さっきの店舗より餃子の種類があるのはなぜ?
そういえば、昔はニラを多めに使った餃子なんかは結構多かったんだけど、今ではほとんど見かけませんね、なんでかな? コストのせい?


ここでも数店の餃子を味わい、茨城への帰路につきました。
マラソンの方はがっかりですが、餃子のお店は多いから楽しめました!









2018年6月10日日曜日

ホンダ ビートのホイールを変えました!

え~~、最近ずっとブログの更新をさぼっています。(-_-;)

三江線の記事以来1か月以上。

その後、公共交通機関に思う事を書こうと思って、書きかけのまま現時点に至っていますね。。。。今月参加予定のマラソン大会以降には更新しようと思います。。。。

とりあえず、近況を一つ更新しておきます。

という事で、最近ちょいちょいいじっている私の車、ビートの事です。

実はホンダで再販されたスチールホイールを買ってきました。
ビート用とその他の車用で違うのは、このディスク部のデザイン。
丸く空いた穴の周りが凹んでいます。
 

このスチールホイールはこの穴の周りの感じがアルミホイールと似たデザインになっていますね。
で、とりあえず重さを測ってみたら6.8kgありました。。。
14インチで6.8kgだから、現在のスチールホイールよりもずいぶんと重いです。
 大体タイヤの重さも7kgはあるから、合わせて1本あたり14~15kgとなる。4本合わせると実に50kg以上になる、タイヤとホイールで。
オートメッセのウェブ記事で関係者が語ったところによると、13インチのホイールの金型がサプライヤーさんのところにあって、14インチホイールの方だけ金型を起こして再生産して販売しているのだとか。
また、私が別な所で車に詳しい人に「ビートのスチールホイールは6.8kgもあってスズキ アルトやダイハツ ミラの同じ軽自動車に比べてずいぶん重いんだけど何で?」って疑問をぶつけたら、最近のスチールホイールは高張力鋼板という車の車体を軽く作るために採用が増えてきた薄くて強い材料を使っているからじゃないかな?という事でした。まあこれは確認したわけではないから、真偽のほどはわかりませんけど、なるほどですね~
つまりは、四半世紀前のスチールホイールをわざわざ復刻したというわけだ。軽くて強いホイールが作れる技術があるのに。。。

で、わたくしはせっかくだからビートに合わせてホイールを白くしてみました!

標準で白いアルミホイールが装着されているVersion Cというモデルのビートですが、わたくしはそのホイールを持っていません。。。だから、このスチールホイールでその雰囲気を出してみました。
そして、初めは付けていなかったセンターキャップも買ってきて付けてみました。
1個3000円位するので躊躇しましたが、付けたほうがかっこ良さそうだったものでつい。。。(;^ω^)

実際に注文して現物が届いてみると、スチール製で凝った作りだ。
現在では軽トラなどのスチールホイールは樹脂製のキャップになっているし、新たに作るならプラスチックにメッキで十分同じようなものが出来ると思う。あの頃だからスチールで作ったんだろうな~と感心しながら、これなら3000円位はするなと納得。

そして、実際に新しいホイールでドライブしてみると、前後異径ホイールはやはりバランスがいい。特にフロントはインチアップなどをしていくとバタつく感じがしてちょっと怖い。ただ、今回フロントが13インチなのでタイヤがエコ系のものしか選べなかったのが残念だった。エコ系のタイヤってボヨンボヨンして落ち着きがない。私のワゴンRなんかも新車装着タイヤとしてブリヂストンのエコタイヤが入っているが、ふらふらして危なっかしい動きをする。ハイト系の軽自動車だから余計にそう感じるのかもしれないが、低燃費タイヤってサイドウォールが丸く結構変形する。想像だけど、低燃費の為に転がり抵抗を減らしていくと、路面との抵抗が減る分制動距離が伸びてしまう。だから、制動時にはタイヤを変形させて接地面積を稼ぎ、制動距離を短くしているんじゃないかな?

この間、私のワゴンRをグッドイヤーの2007年発売エコタイヤLS2000ハイブリッドⅡにしてみたんですけど、このサイドウォールを見てください! 丸くない!
だからなのか、たったの5000円弱のタイヤでありながら新車装着時のタイヤよりよっぽど安定性が良い。スズキも無意味なカタログ燃費競争の為ではなく、乗ってより良いパフォーマンスを発揮するタイヤの方を選択すればいいのにね。こんど新車を買うときにはいくら新しくても新車装着のタイヤは外してもらて、初めからグッドイヤーのタイヤにしようと思う。それくらい全然違う。

そして、ホイールを変えたホンダ ビートの話に戻りますが、ビートには日本のメーカーのエコタイヤを装着しています。もう一度言いますがそれは、13インチで選択できるタイヤがスタンダードエコタイヤか低燃費タイヤしかなかったからです。せめてホンダが再販する際に古いホイールを復刻するのではなくて、フロント14インチ、リア15インチで再設計し、ショックやサスも再販するのだから、セットでやってくれたらよかったのにと思う。あの時代にはあったタイヤも今の時代には無いのです。
今時の軽いスチールホイールにして、サスをもっと動かすようにする。車体が弱いんだからもっとサスの設定で頑張ってもらうほかは無いと思う。

今後も再販部品を増やすようなのであえて言わせていただくと、ただ復刻するのはなくて、せっかく部品課の人が各地の販売店を廻って情報収集しているのだから、それらの意見を取り入れてより良い上位互換性のある部品を作ってください!
もっと考えた仕事をしないと、本田宗一郎さんが生きていたら、スパナを投げつけられるね。(*´Д`)










 



2018年4月28日土曜日

三江線の旅 後編(2/2)

無事三江線を完乗した翌朝。
江津市近くの砂浜にやってきた!

琴ヶ浜というところです。

ここの浜は、日本でとても希少な鳴き砂の浜なのです。
昭和の時代を生きた人たちには懐かしき、小学館の科学という雑誌の付録に星砂というものがあったが、それと並ぶくらいにあこがれの的です。

私、実は以前にも来たことがありまして、それは京都駅が新しくなった1998年位であったと思う。
青春18きっぷを利用した輪行旅で、東京からムーンライトながら(たぶん増便のほう?)を使って大垣まで来て、そこから普通列車を乗り継ぎ京都にたどり着き、ここから再びムーンライト九州で終着の博多手前で降りて山陰を旅した時だった。
今では懐かしき思い出ですが、昔は青春18きっぷ(1万円ちょっと)と手回り品きっぷ(確か270円?)で、夜行列車を利用して日本各地に行けたんですね~。今でもやれなくはないけど、かなり不便。

ちゃんと鳴きますね~!!!

そして、思い出にふけりながら砂浜を散策し、次なる目的地へ。
石見銀山。世界遺産の地です。

ちょいと朝飯。
昨日、浜田駅の観光協会運営のショップで購入したワサビ葉寿司。

関西方面ではめはり寿司とか、葉っぱで包んだお寿司とかおいなりさんがメジャーだが、関東ではほとんどない。関東を通り越して東北に行くとちょっとあるんですけど、なんでなのかな~? 海苔で巻くと結構腐るのが早いし、海苔が湿って手に着くから、葉っぱで巻くのって結構合理的と思うのですけどね。

石見銀山の保存区。
古い街並みを保存するように、現在も工事をしていたりする。
ただ、お話を聞くと世界遺産に指定された当初は観光客が増えたものの、現在はそれ以前の水準に戻っているらしい。
まあ、銀山は現在閉山しているわけだし、当時の街並みを思わせるように景観を保存しているといっても、昔からある京都や倉敷、各地の宿場町など、景観を保存しているところもたくさんある。悪い言い方をしてしまうと、常時同じものを展示している博物館にどれだけのお客さんが訪問するのかという事と同じ。
いわば、世界中に数多ある世界遺産の中から行ってみようと思われる観光地になるには、石見銀山の他にその地方にある生きた文化を同時に楽しめるようにしなくては、観光バスの途中通過点程度にしかならなくなっちゃうと思う。
これは日本という国の公共交通機関に関する悪しき考え方にも改善を求めなくてはいけない、 言葉だけではなく真に観光立国を目指すというなら、法改正も含めて取り組まなくちゃならん問題になる。








銀山を一通り観光して、出雲大社へ。
大社駅に車を停めて町を散策。







出雲大社までは結構歩くから、こちらの無料駐車場に車を停める人は少ないようだ。
そんなに歩くのが億劫なのでしょうかね?

出雲大社前駅に到着!


ここも趣のある駅ですね~。


そしてこの駅からの帰り道、気になったお店に入店。
出雲そばってかなり有名ですが、これは旨い!!!っていうお店に未だに出会っていないので、 気にして探していましたが、何故かうどんのお店が気になっちゃったんですね~。(;^ω^)

うどんのお店、山太さんのメニュー。

宝庫うどんを注文。

麺がうどんではなくて、お蕎麦のようです。
いや、細いし実際の食べた触感も蕎麦に近い。
お蕎麦屋さんに聞いたのですが、蕎麦の麺もちゃんと製粉するともっと白いらしい。ただし、そんなに白くては蕎麦としては違和感があるという事から、わざと黒くしているらしいのだ。このうどんは、そんな現代の製粉技術を使ったうどんではなくて、昔のうどんを再現しているという。
このお店のご主人は、昔のうどんの味に感激してこのうどんのお店を始めたという事であるらしいが、確かにその気持ちがわかる美味しさだ。
う~~ん、という事は、私が今まで食べてきたほうとうやすいとん、ひっつみなども実際にはもっと違った味になるという事か?
これは全国の伝統料理のお店の方々にも知っていただき、同じチャレンジをしてほしいですね。

 美味しかったので、かけつゆうどんも注文!
お店の方が、「量が少なかったですか?」と心配気でしたが、美味しかったからもっと食べたかったんです。( *´艸`)



日本全国、行くたびに新たな発見があるし、世界から見れば日本ってそんなに広くない土地ですが、面白いですよ~!!!








2018年4月19日木曜日

三江線の旅 後編(1/2)

またまた来ました、三江線!
前回から数日後、廃線まで10日を切っています!

今回は前回乗車できなかった口羽駅から江津駅間を乗車します。なので、茨城県から高速道路を浜田市までひた走り、江津市まで行かねばなりません。

と、その途中で寄り道。
柿本人麻呂神社~
江の川周辺地域では、柿本人麻呂さんてとても有名人で重要な人なんですね。


江津駅に到着。
車を周辺の駐車場に停めて、いざ乗車です!






情報によると私が乗る列車は浜田駅発で、既に120人~130人ほどが乗車しているらしい。そして、ここ江津駅で更に50人強。。。。 2両編成で1両に90人程度。ほぼ満員じゃん。。。

前回と違い天気が良く、窓が曇らないのがせめてもの救いかな。(*´Д`)


お昼ごろの通過列車だからか、各駅でお見送りの人がいる。

石見川本駅にはスパイダーマンがいる!
何故だかはわからない。
きっと何かやりたいんだけど、素顔をさらすのが嫌な恥ずかしがり屋さんなのであろう。

 列車は川沿いを進んでいく。

 あれ!?
宇都井駅にまたスパイダーマンがいた!!
同じ人か? もしくはよく見るとペプシマンだとか???
衣装は同じスパイダーマンぽい。(;^ω^)

 口羽駅で列車を降りる。
辛い。。。ずっと立ちっぱなし。

そして、折り返しで江津駅行きの列車に乗る。
今度の列車はゆったりと座れる。特定の列車が混むんですね。(+_+)

再び宇都井駅。
もうスパイダーマンはいない。

車窓からはありがとう三江線のボードがあちこちの民家に見える。

浜原駅に到着。
ここで列車は長時間の停車となる。

駅では物販が行われている。


時間は十分にあるので、列車の周りをぶらぶら。
駅前もぶらぶらしようと歩き回るも、ほぼお店の気配が無い。。。。

1977・1、多分建設された年なのであろう。
つまり、半世紀も利用さえずにここは廃線になるわけだ。


三次市から江津市までを結ぶ路線。しかし、同じように川の傍を走る国道でさえ夕方過ぎると交通量はものすごく少なく、コンビニなどはやっていけないであろう。

 ぼーっと山村の日の陰る早さを見つめながら、発車を待つ。


時間になったので、列車の車内へ。
石見神楽のラッピング列車。
いらっしゃい三江線の旅って、いちいち神楽のお面が怖いんですけど。(*´Д`)

またまた車窓から過行く景色を眺める。

終着駅に到着。ここ江津駅から、列車は折り返して先ほど長時間停車していた駅まで走る。観光客は皆降りて、この列車に乗るのは地元の高校生と何かの用事で帰宅するような人数名。ほとんどがらがら。これが日常の光景なのであろう。

終列車を見送って、駅を後にする。

近くの小浜温泉? 温泉津温泉へ。
これって結構読み方難しいでしょ。おんせんつではありません、ゆのつです。

こういう地方の公衆浴場って好きなんですよね~

管理人さんが熱心にいろいろ教えてくれる。
もうそろそろ閉館時間なのですけど、すんませんね。。。。

才市の湯を貸し切り状態。
時間が差し迫っているので、あまりゆっくり浸かっていることはできませんでしたが、ありがとうございました!

という事で、無事に三江線を完乗しました!!!
明日は周辺観光をします!